安心の水道局指定工事業者 水回りの修理屋さん MENU お問い合わせフォーム
水回りの修理屋さん(株式会社エーライフ) 水回りの修理屋さん(株式会社エーライフ)
安心の水道局指定工事業者 水回りの修理屋さん 24時間365日オペレーターがお待ちしています。0120777846

水回り緊急トラブル時、水道業者を選ぶときのポイント

suidou_select_img1

水回りのトラブルは他人事のような一面を持ちつつも実は結構あなたの身近な存在なのです。

以前にも何度か別の記事でご紹介をしたことがあるのですが、「つまり」や「水漏れ」といった水道トラブルは日常生活の中で最も起こりうる水回りのトラブルなのです。

今回は、万が一緊急を要する水道トラブルに巻き込まれた場合、どのような対処をすればよいのかとどのような水道業者へ依頼をすればよいのかを説明したいと思います。

 

蛇口や排水管などから水漏れが発生した場合

suidou_select_img2

 

蛇口の先端やシャワーヘッドからポタポタとしたたれ落ちるような水漏れの場合であればビックリすることはないかもしれないですが、突然勢いよく噴き出すよう水漏れの場合だと驚きあたふたしてしまいますよね。

一瞬、目の前の光景を受け入れることが出来ず頭が真っ白にになってしまいパニックになる人も中にはいますが、事前に対処法を知っておけばいざという時も慌てず適切な判断が出来るようになります。

大小関わらず水漏れが発生した場合は慌てずに止水栓を止めましょう。

止水栓はその名の通り水を止めるためのものです。止水栓は通常備品が故障した場合やメンテナンスの際など水を止めなければならない時などに使用します。

止水栓の場所は生活環境によって配置が異なっています。

洗面台の場合:洗面台の下を開けたところにマイナスドライバで開閉が出来る部品があるまたは水道蛇口のような形をした部品があるところになります。

トイレの場合:便器近くの壁または床にマイナスドライバで開閉出来る部品があるところになります。

お風呂の場合:蛇口(混合水栓)の壁と直結している部品にマイナスドライバで開閉が出来る個所になります。

キッチンの場合:キッチンの下を開けたマイナスドライバで開閉が出来る部品があるまたは水道蛇口のような形をした部品があるところになります。

マンションの場合(元栓):入口の外にある別戸または玄関付近にある取っ手の中にメーターボックスがあり、水道メーターの隣にくっついているハンドルまたはレバー式のものが止水栓です。

一軒家の場合(元栓):入口付近の地面に埋まってあるボックスを開けると水道メーターがあり、水道メーターの隣にくっついているハンドルまたはレバー式のものが止水栓です。

※元栓を止めると住居内の全ての水道が止まります。

止水栓を閉めた後、水道から水が出ていないかを確認します。そして蛇口をひねってみても水が出てこないかも合わせて確認をしておきます。

急な水漏れの場合は、ひとまずこれで応急処置が出来ます。

 

トイレの便器やキッチンの排水口がつまってしまった場合

suidou_select_img3

 

トイレの水の流れが悪いまたはつまったが水位がまだそれほど高くない場合であれば、ホームセンターなどで販売されている市販のラバーカップを使ってつまり解消が出来ないかを試してみましょう。

ラバーカップは和式用・洋式用など用途に合わせたタイプが数多く出回っているので、お使いのトイレの便器タイプに合ったもので対処するのが最も効率がよいでしょう。

しかし、ラバーカップをしても解消の見込み得られそうにない場合は、無理に継続することで症状を悪化させてしまう恐れがあるため、そのままの状態で留めておきましょう。水かさが増し便器から汚水が溢れ出してしまっては本末転倒です。

キッチンや洗面台などの排水口で水の流れが以前よりも悪くなった程度の症状であれば、ホームセンターなどで販売されている市販のパイプクリーナーを使って排水管内のつまりを引き起こしている汚物を溶かし解消できるかを試みてみましょう。

しかし、排水口から水が逆流してくる、いっこうに水が引く気配が感じられない場合は、パイプクリーナーを使用しても改善出来る可能性は低いため、シンクなどから水が溢れ出さないためにも水を使わずそのままの状態にしておきましょう。

 

いざ、水道トラブル解決に向けて水道業者に依頼を!

suidou_select_img4

 

しかしながら、ここで疑問を抱くのがどこの水道業者に依頼すればいいか?!ということではないでしょうか?

数ある水道業者から一つの水道業者を選ばなければいけません。ではどのように水道業者を選択すればよいのかいくつかの選択する時のポイントを押さえておきましょう。

 

<対応エリア内であるかどうか>

水道業者によっては対応出来るエリアとそうでないエリアがあります。テレビCMで見かける大手水道工事業者のような全国展開をしているところであれば、特に対応エリアを気にすることはないかもしれませんが、タウンページや町のフリーペーパーなどに掲載されている町の水道工事店や地域密着型の水道業者の場合は、対応エリア内であるかどうかの確認が必要になります。

 

<依頼前の事前見積りがあるかどうか>

業者へ依頼後、作業員が訪問し料金提示をせずに作業を開始し同意せずに完了まで行い最終的に高額請求を吹っ掛けられるといった悪質な対応をする業者も一部あるとのことです。

修理するにあたってどのような作業が必要で、料金がかかるのかを明確に説明・提示出来ない業者は依頼するのを控えた方がよいでしょう。

後々金銭トラブルにならない為にも、必ず事前に見積もり金額を提示してもらい、納得してからの依頼をするようにしましょう。

 

<電話での料金提示を完全に拒否するところは要注意!>

先に結論から述べると正直なところ電話にて適正価格を提示するのは非常に困難です。なぜならば、第一に現場の状況が把握出来ずにどのような作業が適切かを完璧に伝えることは極めて難しいからです。

第二にお客様から電話越しで説明された内容と実際に現場で症状を拝見した時の状態が不一致していることが多いためです。

第三に万が一現在使用してる商品や部品の型番を電話越しで伝えられても、現在もその商品が手に入るという保証は100%あるわけでなく、代替品で対応かのうか否かも含めて考える必要があるからです。

しかしながら、これら上記のことを踏まえたとしても真向から電話では料金は伝えられない。と完全に電話での料金提示を拒否する業者は依頼するのを控えた方がよいでしょう。

なぜならプロの水道業者であるならば少なからず数々の修理経験があるため、対応可能のものであればおおよその修理・作業内容のイメージ出来るので、概算で料金提示や作業内容の説明が電話でも可能だからです。仮に電話対応者が対応不可であっても詳しい作業担当スタッフから連絡を頂けるなどの柔軟な対応が出来るはずなのです。

どんな状況であれば電話では教えない姿勢を取られるような場合は、別の業者へ切り替えましょう。

 

<メール対応は便利だが良し悪しがあるので注意!>

ご自身でひとまず応急処置が出来れば、突発的に水道業者へ依頼しなくてもよくなるかもしれません。しかしながら、いつまでの放置しておくわけにもいかず最終的にはプロの水道業者に修理をしないといけません。

時間に少し余裕が出来れば水道業者へ問い合わせるのも電話ではなくホームページからのメールフォームによる問い合わせを利用する選択肢も増えることだと思います。

ただ、緊急対応が必要であるのにも関わらず、メールでの問い合わせや依頼の場合、迅速な対応が期待出来ない場合があるので注意が必要です。

例えば、業者側で問い合わせメールの確認がすぐに出来なかった場合、数時間後や最悪の場合、翌日や数日後にメールまたは電話での返答になることがあるのです。緊急事態にも関わらずしばらく放置状態にされると心も落ち着かないですよね。

そのため、今回のような緊急を要するトラブルの場合は、極力、問い合わせメールでの依頼ではなく、直接業者へ電話をするのがベストです。電話であれば、直接オペレーターまたは作業担当員へ状況説明することが出来、来てもらえるおおよその時間の確認も出来るためです。

問い合わせメールによる問い合わせや依頼の場合は、緊急を必要としない内容時に利用するのがよいでしょう。

 

<コロナウイルス対策は行っているか?>

2020年はコロナウイルスが大流行し緊急事態宣言が各地で発令されるなど、コロナウイルス感染防止対策が重要化していることから、多くの企業ではマスク着用・除菌・ソーシャルディスタンスなど様々なコロナ対策を実施しています。

実は、水道工事会社で例外ではありません。近年、水道工事会社でもコロナウイルス対策を取り入れている会社が増えているのです。多くの企業が取り入れている主な取り組みは、従業員(作業員)のマスク着用、訪問前(訪問時)アルコール除菌による消毒、お客様との一定の距離を保つ、長居しない、などです。

 

まとめ

ご自身では対応しきれない急な水回りのトラブルは出来る限り早い段階でプロの水道工事会社へ修理の依頼をする方が賢明であることはお伝えした通りですが、同時に水道工事会社の選び方も表示された価格や内容だけで飛びつくのではなく、しっかりと対応してもらえるかどうかをご自身なりに判断した上で、決めるのが適切であると言えます。

私たち、水回りの修理屋さんは急な水道トラブルも最短当日対応可能です。また、コロナウイルス対策も取り入れていますので、安心してご依頼・お問い合わせ頂けます。

水回りでお困りの際は、地域密着型の水回りの修理屋さんにお任せ下さい!

 

こんにちは!作業員の日高です♪
今年、日本の夏は本当暑かったですね。関東や近畿地方だけでなく全国的に35度以上を超える猛暑日が何日も続き異常気象と言わざるを得ない気候になりましたよね。今年は昨年以上にエアコンや扇風機などが売れたのではないでしょうか?!またビーチやプールも大繁盛!夏の風物詩であるかき氷はもはやかき氷とは言い難い近未来型?かき氷が話題を呼びましたね。

さて、そんな暑―い夏もようやく終わり、今は全国的に涼しい(最近ではちょっと肌寒さも感じますが)秋の季節になりました。そして今年も残すところ後2ヶ月半ほど。寒い冬がやって来ます。冬の野外はもちろん着込まなければ寒いですが、家の中でも寒い思いをするのはイヤですね。家の中では冬は暖かく夏は涼しく過ごしたいものです。え?それは理想であり現実では無理なのでは?特に都心に近い所に住んでいるとなおさら・・・。いえいえ。そんなことは決してないです。必ず解決策はあるものなのです!私が住宅リフォームや新築(中古住宅解体後の新築も含む)一戸建て住宅を建築する際、実は一つオススメしていることがあるのです。リフォームましてや新築一戸建てを考えた場合、人生にとってそれはほとんどの人にとってお高い買い物になることは間違いないと思います。だからこそ大事にしたいし、長年快適に安心して住み続けたいと願うことでしょう。その答えの一つに「断熱材」があります。今や断熱材と一言で言ってもグラスウール、発砲ウレタンなど様々な種類があります。断熱材はどれも同じでしょ?そう考える人は少なくないかもしれませんが、“ちょっと待って!”その判断本当に大丈夫?と私はとっさに問いかけてしまいます。なぜなら、断熱材の選択次第ではあなたの住居を長く様々な住宅トラブルから守ってくれるか否かの選択肢でもあるからです。断熱材の中には燃えやすいものや劣化しやすいもの、防音や防火に期待出来ないものもあります。しかしながら、これから私がご紹介する断熱材は機能性はもちろんのこと自然環境にも配慮した優れた製品です。

その名は「セルロースファイバー断熱材」。

セルロースファイバーの最大の特徴は皆さんが普段目にする“新聞紙”を再利用して生まれ変わる断熱素材なのです。新聞紙は昔から押入れやタンスの湿気取り・カビ対策や寒さ対応として熱を逃がさない性質を持ってるなど普段の生活でも様々なシーンで人々に愛され使われてきましたね。

その新聞紙があなたの住宅を丸ごと守ってくれるのです!とは言っても新聞紙の原型そのままではさすがに断熱としての機能を最大限に引き出すことは出来ないので、新聞紙を断熱材として活かせるようにセルロースファイバー断熱材として生まれ変わらせるのです。

セルロースファイバーの特徴はずばり!
・新聞古紙を原料とした製品なので、環境に優しい → 人体への化学製品影響が少ない
・ホウ酸が含まれるため、住まいの天敵であるシロアリ・ダニ・カビ・ゴキブリなどの害虫からの侵入や攻撃を防ぐ。
・他の断熱素材よりも防熱性が高く燃えにくい → つまり大きな火事被害になりにくい
・家全体をセルロースファイバー断熱材で包み込むため、夏は涼しく・冬は暖か!
  セルロースファイバーは材質の中に空気層があるため、自然の空気が通りやすく通気性がよい素材です。
などなど、良い点を上げればいくらでも出てきますね。

 

それでもセルロースファイバー断熱材を使用した住宅がまだまだ少ないことも事実。こんなにも優れているのになぜ使用している住宅が少ないの?それは施工が他の断熱材よりも難しく大変だからです。リフォーム会社や建築業者の多くは住宅を建てる場合、現代においては「耐震」・「耐熱」・「防音」の3大条件を念頭に置くとともに断熱処理を施すのも当たり前に行います。ですが、多くの場合セルロースファイバー断熱材のような特殊かつ作業に大幅な時間を要する素材を適切に扱える技術者が少ないという問題を抱えています。その為、どうしてもセルロースファイバー断熱材施工が必要な場合は対応出来る業者に外注せざるを得ないのです。

それではどうして私は皆さんにあえてセルロースファイバー断熱材をオススメするのでしょうか?
答えはもうお分かりですね。そうです!水回りの修理屋さんを運営する株式会社エーライフは長年に渡りセルロースファイバー断熱材の施工に携わっており確かな経験と実績を培ってきました。ですから自社でセルロースファイバー断熱材の施工が相談から完了まで一貫して任せて頂けます。住宅商品販売代理店様やリフォーム会社様からのお問い合わせやご依頼も多くありますが、これから新築・建て直し・一部/全体リフォームを検討している一般のエンドユーザー様からのご相談・ご依頼も瀬局的に承っていますよ。100年住宅と言われる現代、本当に快適で安心した暮らしが実現出来るセルロースファイバー断熱材で未来の住まいを手に入れて生涯を共にしてみませんか?

お問い合わせ・ご相談・ご依頼は ↓
フリーダイヤル 0120-840-001
または 072-653-1990 株式会社エーライフ セルロースファイバー断熱材 担当者まで!
公式WEBサイト:http://www.dannetsu.jp/

お見積のご依頼やご相談はお気軽にどうぞ!

お見積のご依頼やご相談はお気軽にどうぞ!

電話でのお問い合わせ

水回りトラブルに関するお問い合わせなど
24時間オペレーターがお待ちしております。

通話料無料・24時間受け付け中 0120777846 通話料無料・24時間受け付け中 0120777846

フォームでのお問い合わせ

ホームページからもお問い合わせいただけます。
24時間以内に担当者からご回答差し上げます。

お問い合わせフォーム